老け顔を改善する|理想の自分に近づきたい|二重整形の方法は一つじゃない
女の人

理想の自分に近づきたい|二重整形の方法は一つじゃない

老け顔を改善する

水着姿の女性

頬のたるみは20代から始まるといわれています。また、頬がたるんでいると10歳は老けて見られるので注意しましょう。頬のたるみのチェックサインは主に、「毛穴の開き」「下まぶたのクマ」「ほうれい線」「下がった口角」などです。これらの症状に当てはまった人は頬のたるみが始まっているといえます。頬のたるみを改善したい人は、美容整形を受けると適切です。自宅でも顔のマッサージや小顔ローラーなどを使用して頬のたるみを改善する方法がありますが、セルフケアは返って頬のたるみを悪化させる恐れがあります。間違ったケアで頬のたるみを悪化させないように美容外科で適切な治療を受けましょう。

大人の女性に見られる頬のたるみは、長年浴びた紫外線や筋肉量の低下が原因です。これらは特殊な機械などを使って肌内部から引き締める必要があります。美容外科では効率よく頬のたるみを改善できるので、若々しい素肌を取り戻すことができます。頬のたるみ治療には、主にレーザー治療やフェイスリフト、ヒアルロン酸注入などがあります。レーザー治療では肌の内部に溜まった紫外線を追い出すことができ、同時に肌細胞を活性化させることが可能です。また、フェイスリフトは特殊な糸で肌を上に持ち上げる治療法なので、重度の人も高い効果が得られます。ヒアルロン酸注入などは症状が軽い人に効果的です。潤い成分を注入することで肌に張りを取り戻せます。乾燥は頬のたるみを引き起こす原因でもあるので水分量が不足しないようにすることも大切なのです。